PC110 ハンドストラップ取り付け
あなたのネジは大丈夫ですか?ネジ、ちゃんと付いていますか?
もし、購入以来一度も確認していない方は是非確認してみて下さい。
増締めしないと落下寸前かもしれません。
私のストラップ取付けのきっかけはネジを無くした事からです。
このページに来て、救われる方があれば幸いです。

Palm Top PC110  ハンドストラップ取り付け

1

準備する物

1.1.6×5mmのネジ
2.ワッシャー
3.ストラップを止める金具
私は電線用プラグ(穴2mm)を2枚用意しました。
4.携帯電話用のストラップ
5.プラスドライバー(小)
6.電機ドリルの刃(1.5mm)

ストラップ部品

2
穴開けの術

穴を開ける

下の写真を参考にポトリ用フックから正確に真上に6.25mmの中心に穴を開けます。材質が柔らかいのでドリルは不要です。親指と人差し指でグルグル回せば簡単に穴が開けられます。穴の位置がずれないよう最初は慎重に。

3

慎重に

右の写真で分かるよう(デジカメの歪みで分からないかな)に、ほんの少し穴が左寄りにあいたため、修正に苦労しました。
(慎重さが足りなかった結果です)
最後、隠されたネジ穴に刃を深く入れ過ぎてネジ山を痛めないように何度か刃を抜いて中を確認しましょう。

穴開け途中の写真
4 金具2枚の術

二枚重ね

強度を考え、ストラップ用の金具を2枚重ね、ワッシャーと併せて長さ5mmのネジでしっかりと止めました。

5

代償

穴の位置を修正する為に、買ったばかりのケースに傷をつけてしまいました。慎重さを欠いた代償です。反省

下の穴とネジの中心がずれて見えるのは錯覚?穴位置の修正が不十分な為、若干斜めにネジが入っているようです。

名誉?の負傷

6

ハンドストラップ完成の図

完成

当初想像していたひ弱さは無く、かなりしっかり固定されています。これで、落下テストの恐怖から解放され、必要以上に持つ手に力が入いる事も無くなるでしょう。

材料ご希望の方にお譲り致します。

■ストラップ取付けのきっかけは、予備機をある方にお譲りしたところ、ネジが2個無くなっているとメールをいただきました。さっそくIBM部品センターに発注しようとしましたが、ネジ1本30円(これは純正のネジですから高いとは思いませんが)と郵送手数料が1.000円かかる事がわかりました。そのほかに代金の振込手数料もかかるわけです。なら、いっそのことネジが付いているカラーケースを買った方が得策と、残り少なくなった緑のケースを購入しました。余ったネジでストラップも付くと思ったわけです。ところがカラーケース取付け交換の時、自分のPC110のネジも3本無いのが分かりました。誰しも自分(の)だけはと思う気持ち、ありますよね。甘かった。しかも唯一ストラップに使える1.6×4mmが無い。^^;)
予定していた事はどうしてもやりたいのが人情(私だけ?)、秋葉に行く度にネジを探してアッチをフラフラ、コッチをフラフラ、2mmは何処にでも有りますが、1.6って無いもんですね。やっと見つけましたがバラ売り無し。と、言う訳で、他に使い道のないこのネジと金具をご希望の方にお譲りします。



お申し込みの方法

■切手を張った返信用の封書(ご自身の住所を必ず書いて下さい)を同封の上、下記の住所まで封書でお申し込み下さい。折り返し同封の封書に
郵送部品 1.1.6×5mmのネジ
2.ワッシャー
3.止め金具小2枚

写真にあります大きな留め金は同封を中止しました。
本体から少し出っ張る為、ケガをする可能性があります。

の4点を入れて返送致します。

商売ではありませんが、一応、部品代として50円、返送手数料を30円とさせていただき、80円切手を一枚同封して下さい。

申込み到着と発送のお知らせは発送をもってご報告にかえさせていただきます。

申し込み先

〒179-0075
東京都練馬区高松4-13-14
アイワ第二ビル2F
株式会社アンクジャパン 内
半浦 賢(はんうら さとし)宛

郵送後1週間過ぎても返送が無い場合のお問い合わせは
電話03-3577-0148 FAX03-3577-0182

E-mail webmaster@ankh-j.com

URL http://www.ankh-j.com




複数の企業サイトのwebmasterをしており、メールの対応は仕事優先とさせて頂きます。
郵送申込み後の不着問合わせ以外のメールによるお問い合わせは極力ご遠慮下さい。
「お申し込み方法」掲載中は部品は有ります。無くなり次第消去致します。

なお、このページはリンクフリーです。

◇シルバーウルトラマンに変身しました◇
シルバーPC ●IBMフリークの篠くんのケース再アルマイト処理に便乗してシルバーにアルマイト加工しました。追加で購入したグリーンケースでなく、余っていた純正の黒を再加工しました。あまりの出来映えに、使えなくなりそうです。うーん、やっぱ予備機は必要かな。詳しくは、しのちゃんのホームページでご覧下さい。加工申込み代行もしてくれます。
●出来上がってきたケースを市販のグリーンケースと比べてみました。純正ケースの裏にに付いている製品注意書きやIBMの文字などがそのまま綺麗に出ていて、グリーンケースとは全然見栄えが違います。

塗り替え可能な色は自由に選べるみたいですからあなたもいかがですか?
グリーンとの比較写真


ホームページ
不要品交換のホームページです。


自作機(DOS/V)制作記録


アンクジャパンホームページ


no